抗ガン剤をお使いの皆さまへ

ガンの化学療法中にビタミンCのサプリメントを摂取すると、一部の抗がん剤の効果が減少するのではないかという研究結果(仮設として)が、米医学誌『キャンサーリサーチ(Cancer Research)』で発表されています。

その根拠として、多くの抗がん剤は「酸素遊離基」を作ってがん細胞を攻撃するのですが、ビタミンCがこの遊離基を吸収するために化学療法の効果が薄れるのではないかという研究結果に至ったようです。

ビタミンCは細胞が活動を続けるための「動力装置」である極めて重要なミトコンドリアを保護することによって細胞の寿命を延ばす効果があり、通常細胞にとってきわめて有益なのですが、抗がん剤はがん細胞のミトコンドリアを破壊してがん細胞を殺すことを狙っているため、化学療法中はビタミンCが逆効果になるのではないかという事です。

あくまで仮設であるという事と、「一部の抗ガン剤」という事ですのであまり不安に感じることは無いと思われますが、ご心配の方は抗がん治療を受けておられる病院で一度確認をしてみて下さい。

また、当社の取扱っております商品につきましては、一切弊害や副作用はございませんので、安心してご飲用下さいませ。

コメント


認証コード3310

コメントは管理者の承認後に表示されます。