花粉症を基礎から知りましょう

毎年言われているような気もしますが、今年も花粉が凄いですね。まだまだ花粉飛散の時期は続きます。今回は、この「花粉症」について詳しく知っていただきたいと思います。下記のような症状をお持ちの方は、是非ご相談下さい。

花粉症とは

現在罹患人口が2千万人にもおよぶI型アレルギー疾患(IgE型アレギー、気管支喘息や蕁麻疹もこの型)です。鼻の粘膜の炎症によるアレルギー性鼻炎やまぶたの粘膜や結膜の炎症によるアレルギー性結膜炎を総称した症状です。花粉症とアレルギー性結膜炎は、空気中の花粉などが、眼に接触すると発症します。

〜花粉の種類と時期〜
【2月から4月まで症状を出現】
 スギ花粉、ヒノキ
【初夏】
 カモガヤ
 オオアワガエリのイネ科
【秋】
 ブタクサ,ヨモギのキク科花粉
【etc.北海道】
 シラカバ

〜紛らわしい症状〜
ウイルスによる鼻、副鼻腔、喉や上部気道の粘膜の炎症などもアレルギーの反応としておこります。また、ほこりやハウスダストなどによって炎症症状もおこります。

〜飛散の時期〜
時期的には、気温の高い地方から順に飛散開始日を迎え、2月初旬から3月下旬にかけて、ほぼ全国的にスギ花粉を観測します。沖縄県と北海道はスギがないため除外されています。


花粉症のあまり知られていない症状

【口腔アレルギー症候群 OAS】
果物などを食べると口の中にかゆみやしびれなどを起こす場合があります。とくに北海道に多いシラカバ花粉症でよくみられるほか、関西で多い、ヤシャブシ花粉症などでもみられます。
リンゴ、モモ、ナシ、イチゴなど、バラ科の果実に反応することが多く患者の多いスギ花粉症ではあまりありませんが、メロンなどに反応する例が知られています。トマトにも反応した例もあります。アレルゲンがきわめて類似しているためと考えられています。

【遅発相】
数時間以上遅れて出てくる症状もあります。花粉がないはずの室内で、就寝前などに強い鼻詰まりに悩まされる場合などがこれにあたると考えられています。空気清浄機等を使用しても症状の改善がない場合は、これであるかもしれません。

【モーニングアタック】
目覚めのときに強く症状が出ることもあり、就寝中に吸い込んだ花粉が目覚めとともに症状を引き起こしたり、自律神経の切り替えがスムーズにいかなくなることによって鼻粘膜における高まった過敏性とあいまって症状が出ると考えられています。

【自律神経のアンバランス】
緊張すると症状がおさまる、リラックスすると症状が出てくるなど自律神経のバランスの具合によって症状が変化します。リラックス時や就寝時には副交感神経が優位となるが、その場合に症状が出やすいという。なお、自律神経の影響を強く受ける、すなわち鼻における自律神経失調症ともいうべき症状は血管運動性鼻炎といい、一般に気温差などにより鼻水が多く出るのが特徴である。花粉症にこれが合併している場合もあるとの考えもある。

【副鼻腔炎との合併】
これは風邪と同様に鼻汁が粘度の高いものになり、眉間や目の下など、顔の奥の部分に重い痛みなどを感じることが特徴ですが、そうした症状を感じないこともあります。とくに副鼻腔炎は小児に多いといわれています。その他、喘息の発作がひどくなったり、アトピー性皮膚炎がひどくなったりすることも少なくありません。


病院での診断基準

花粉症かどうかの診断は、問診では、症状と発症の状況、つまり、特定のシーズン中に発症しているかどうか、屋内や屋外のどちらでより症状がひどくなるかで判断できます。血清中IgE検査の陽性で診断します。
鼻水を検査して、アレルギー反応の結果として多量に生成される白血球中の好酸球がどのくらいあるかを調べます。皮膚テストは、診断およびアレルゲンの特定に役立ちます。

一般治療
【第二世代抗ヒスタミン薬】
ヒスタミンが神経に作用する部分(受容体)をブロックし、くしゃみ、鼻水などに効果がある。市販薬にも含まれており、安全性は高いが、眠け、口が渇くなどの副作用が。また、尿のでにくい人や緑内障の人には使えません。
処方例;アレグラ錠・アレロック 
    アレジオン・アレキサール
副作用;眠気,口渇

【一般治療及び眼の症状の治療】
ケミカルメディエーター遊離抑制薬抗原抗体反応がおこっても、肥満細胞からヒスタミンやロイコトリエンなどの化学伝達物質(ケミカルメディエーター)が遊離するのを抑える薬。飲み薬と鼻に噴霧するくすりがあり、十分な効果がでるまでに2週間かかることがあります。
処方例;インタール・アイビナール
点眼液
副作用;胃腸障害

コメント


認証コード7310

コメントは管理者の承認後に表示されます。