ミネラル摂取の重要性について

夏本番を迎える手前に、巨大な台風の到来による気候や気温の変化が著しい今日此の頃ですが、皆様如何お過ごしでしょうか?

今回は「ミネラル」について詳しく書いていきたいと思います。

最近では健康的な食生活ブームによってオーガニック食品やマクロビオティックなどが流行しているようです。加工食品や外食に食生活の多くを依存してきた日本人にとって、様々な情報がテレビや新聞、雑誌などでも注目を集めています。

そんな中、特に「ミネラル不足」が深刻となっています。加工食品などは、加熱や加工処理段階で本来野菜が持つミネラルなどが失われてしまいます。

また、近年の日本では「塩田」というものが存在しません。港湾地区に広大な敷地を必要とする塩田を廃止し、工業団地が次々と建てられた結果、日本に古くからあった伝統的な塩づくりは一変しました。これによって人工的につくられた「食塩」が流通し、ミネラルを多く含む天然の塩を口にする機会がなくなりました。

【たんぱく質】【脂質】【糖質】の三大栄養素に加え、【ビタミン】【ミネラル】を含めたものを「五大栄養素」と呼びます。三大栄養素は毎日の食事によってある程度の量は摂取できるのですが、ビタミンとミネラルは摂取のなかなか難しい微量栄養素となっています。

近年の研究ではこの微量のミネラルが健康を維持していく上ではとても重要な働きをすることがわかっています。

例えば、全ての動物は筋肉を動かすのに「浸透圧」が関係していますが、この働きを高めるためには「塩」が有効だと考えらています。胃も腸もその他の内臓も、全て筋肉の収縮運動で動いているのですから、その大切さが分かります。

また、お母さんのお腹の中の羊水は0.9%程度の海水と同じ成分です。体調を崩した時なども生理食塩水の点滴をすることがあります。脳から体の様々な器官へ神経伝達するのは電気信号ですので、確かに塩を取る事で電気が流れやすくなる、という発想も納得できます。

もちろん、どんなものでも摂り過ぎると違う弊害もあると思いますので、適度に摂取する事が望まれます。普段使われている精製塩を天然の塩などに切り替えてみると良いかもしれません。当社でもそんな塩田から取れた天然の塩を扱っておりますので、ぜひ一度お試し頂けたらと思います。紅豆杉との相性もバッチリです。

コメント


認証コード5432

コメントは管理者の承認後に表示されます。